2019年元旦にござる

謹賀新年。

昨年はとてもたくさんの舞台に出演することができました。ひとえにさまざまな角度から応援してくださった皆様のおかげであると、二日酔いではありますが、感謝の意をあらたにしている年末年始でございます。

このブログのことも気にして下さっている皆様ありがとうございます。改めてふりかえってみると、なんか書いたり書かなかったりで、書いたとしてもくだらない飯作りのことなどで、あいすまなんだと思っている次第であります。

先日知人に指摘されたこともあって、もっと頻繁に、例えば週一のペースで更新してみようと思って実行していたこともあるのですが、わずか2、3度目で「これと言って特に書くことがない」という致命的な問題にぶち当たってしまってあきたらないこと甚だしい訳ですが、たまさか書くことはあってもそれを文章にしている時間がない、はたまた思考をささっと文字にする能力もないということもあいまって、書く機会を逸しているのではないかとも思います。

なのでやはりそれらが偶然に一致した時に、マイペースで更新させていただくのが一番かななどと、お正月ですので栗きんとんなどをつまみながら思っているわけなのです。

パラドックス定数「トロンプ・ルイユ」は
昨年内いっぱいまでの稽古を終えまして明けも早々に再開です。先日キャストの諫山氏と加藤氏と稽古帰りにちょいと寄った小粋な居酒屋さん。お通しで真っ先に出てきたのがこちら。

馬刺…。食った…。うまかった!

生き続けてゆくということについての、大切な示唆に富んだ作品だと思っております。是非多くの方に観て頂きたく。

チケットのご予約はこちら(おの扱い)

それでは!